女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

値下げや値引き戦略が逆効果・デメリットになる例

売れないからといって、すぐに値引きや値下げをする人が多いですが、それが効果的なのは「低価格な商品やサービスを求めている人」を対象にしている場合だけです。お客様の目的が「低価格」以外なら、どれだけ安くしても効果はありません。

 

うちのお客様にも多いのですが、富裕層やお金に困っていない人は、別に値引きしてほしいとは思っていません。「お金はしっかり払うから、それに見合った商品やサービスを提供してほしい」と思っています。そんな人に対して「安いですよ」とか「値引きしますよ」と訴えかけても響きません。

 

よく見かけるのが、常に「値段しか」アピールしていない人です。目立つように「〇〇%OFF」とか「初回無料」と書いていますが、それしか書くことが無いのかな?と思ってしまいます。

 

値段しか発信しないから、値段に反応する人しか集まりません。安いものが好きな人は、常に安いものを求めるので、あなたより安い人が現れたら、すぐにそちらに移ります。あなたから買いたかったから買ってくれたのではなく、単にその「安さ」に食い付いたに過ぎません。

 

そんな人を相手にしていると、ずっと安売りしないといけないので、商売としては長く続きません。最終的には「全品無料」みたいなことになりかねません。

 

あなたの発信している情報と、そこに集まるお客様のレベルは、必ず「比例」します。価値を発信すると、価値を求める人がやってきます。安さを発信すると、安さを求める人が集まります。来ているお客様を見ると、自分の情報発信が正しいか・正しくないか、すぐに分かるのです。

→値上げしても売れる方法まとめ

→個別コンサルの料金と詳細