女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

女の話は長いと言われる理由3つ

森喜朗氏のように公の場でわざわざ言わなくても「女の話は長い」とか「回りくどい」とか「中身がない」ということはみんな知っています。なぜそんなことになっているのか。その理由について、改めて考えてみました。

 

① 登場人物が多すぎる

女の人と話していると、一体どこの誰についてのことなのか、分からないことがよくあります。「友達のお姉さんの彼氏の親友が」とか言いますが、話の本筋には何の関係もありません。相関図も描けないので、聞いていると混乱してしまいます。

 

② 結論までが長すぎる

この話、いつ終わるんだろう?と思いながら聞いていることがしょっちゅうです。先に結論を言ってくれれば、それについての話なんだなと理解できますが、それが一切ないので「終わり」が見えません。体力も集中力も保ちません。これは完全に話し手の問題です。

 

③ そもそも相手に分かりやすく伝えようと思っていない

究極はこれに尽きます。伝えるということよりも「外に吐き出す」ということに重きを置いているので、頭に浮かんだことをそのまま喋ります。だから色んな人が登場し、脈絡もなく、ダラダラと結論まで終わりの見えない話をし続けるのです。女同士で話している様子を観察していると、お互いの話を全く聞いていませんが、吐き出すことが目的なので、それで良いのです。

 

というように、3つほど挙げてみました。頭の良い女性や仕事のできる女性は、この辺が完璧にクリアされていて、言いたいことを整理し、それを編集したものを、結論から端的に述べます。個人的に、こういう人は大好きです。

 

ここから大事なことを言います。話がうまくなればなるほど、仕事もできるようになり、周囲からの評価も高まりますが、あまりモテなくなります。男は自分より頭の良い女が嫌いなので、それを受け入れることが出来るのは、よっぽど頭の良い男だけになってしまうからです。

 

もう一段階上のレベルの女性になると、相手の知能指数に合わせて、話し方を変えたりします。頭の良い人とは端的かつ論理的に話し、頭の悪い人の前では「マジで〜ヤバいね」というように使い分けが出来るのです。

 

最後に一つだけ。大半の男は、女の人の話は長くてつまらないなと思っています。それを「聞いてくれない」と言って怒るのはやめましょう。聞いてほしいなら、聞いてもらえるような工夫や努力をしてから言うべきです。

→恋バナや恋愛話に見せかけたビジネス論

→個別コンサルの料金と詳細