女性起業家向けビジネスコンサルタント笹野健の公式ブログ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

根性論は「時代遅れ」と嫌うのに、スピリチュアルは信じる人が多い

スポーツチームの監督が「気合だ!」と言ったり、職場の上司が「とにかくなんとかしろ!」と言うと、ただの根性論だなと思い、時代遅れだなと嫌う人は多いです。

 

そういう人に限って、スピリチュアルは信じてしまうから不思議です。目に見えないものを頑なに信じて、絶対にそうなると強く思い込めば、本当にそうなると思っています。

 

根性論もスピリチュアルも、共通しているのは「具体的なことは何も言っていない」ということです。が、それぞれをまるで別のように捉えているのでしょう。

 

根性論は古臭くてダメ。スピリチュアルは「神聖」だから大丈夫。こう思っている人が、とにかく多いのです。

 

スピリチュアルを商売にする人にとっては、こんなに「おいしい状況」はありません。カタチの無いものでも、それを信じてくれているのです。適当なことを言っておけば、勝手に信用してくれて、更に買ってくれます。

 

スピリチュアルの人がよく口にする「あなたの思うままに」とか「きれいなままで」という言葉を信じて、幸せになった人を、未だに見たことがありません。

 

結果を変えようと思うなら「具体的な行動」が必要です。強く思い込むだけでは、幸せはやってきません。「引き寄せの法則」を信じるくらいなら、何か一つでも行動するべきです。

 

ということをブログに書くと、「アンチ・スピリチュアル」の人が集まってくるので、これはこれで商売になります。結局、集客というのは「人の心理」がどれだけ分かっているかが大事なのです。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細