女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

独立した方がいい人と会社に残った方がいい人の違い

「独立した方がいいのか、会社に残った方がいいのか、どちらか迷っています」と、丸の内で働いているという30代の会社員の方に相談されました。はっきり言って、その時点で独立に向いていません。

 

独立する人は、誰に相談する訳でもなく「さっさと」独立します。メリットやデメリットもあまり考えません。「やりたいから、やる」というタイプです。

 

私は最初から、30歳までに独立する気でした。家族や親戚に、一人も会社員がいません。そういう環境で育ったので、会社に一生勤め上げるという発想が、そもそもありませんでした。

 

結果的に、前倒しで「27歳」で独立しました。何の迷いもありません。最初からそのつもりだったので、少し早くなったなというだけで、ほぼ予定通りです。

 

会社に残った方がどうとか、一切考えませんでした。会社に頼るつもりもないし、ずっと面倒見てもらえるとも思っていませんでした。正直に言うと、ただの「社会見学」のつもりで、会社員になりました。

  • 最初から独立する気でいる。
  • 会社員に向いていないことも、自分ではよく分かっている。
  • でも、やったこともないのに、向いてないというのも、何か違う。
  • だから一度だけ「体験」としてやってみよう。

そういう気持ちでした。 

 

今、考えると、色んな経験ができました。社会の仕組みや、世の中のお金の流れが仕事を通じて分かりました。大企業の偉い人でも、人間としては大したことないな、とか、そういうことも「実体験」として分かりました。

 

二つの目の会社では、パソコンとインターネットを覚えることが出来ました。パソコン教室のように薄っぺらい知識ではなく、仕事に必要な知識を、生で体験できました。会社には感謝しています。

 

が、私は自分で仕事をする方が、圧倒的に向いています。1社目が1年半、2社目が3年弱、独立して15年目です。客観的に見て、やはり独立して正解です。こういう人が「独立に向いている人」です。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細