怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

自信がなくて仕事のできない低レベルな人間ほど服装が派手でカタカナや専門用語を連呼する

低レベルな人ほど、服装が派手でカタカナや専門用語を連呼します。能力が低かったり、自信がなかったり、仕事ができなかったりする「コンプレックス」を必死にごまかそうとしているのです。

 

逆に言うと、服装が派手でカタカナや専門用語を連呼している時点で、低レベルな人物だだと見抜けるので、その人と付き合うかどうかの「基準」になるということです。

 

紺のストライプのスーツで、髪型を2ブロックでビシッと決め、革靴なのに短い靴下を履き、クラッチバッグを持っているような男は、だいたい「間抜けな男」だと相場が決まっています。

 

カタカナや専門用語を連呼しながら、ビジネスについて熱く語っていますが、本質的なことを全く理解できていないので、話の内容が「チグハグ」です。

 

こういう人には「もう少し具体的に話してもらえますか?」とか「で、結局はどういうことですか?」と繰り返し言うのが効果的で、たったそれだけで簡単に黙らせることが出来ます。

 

同じ業界でも、業界内の順位が下がれば下がるほど、服装が派手になり、カタカナや専門用語を連呼する人間が増えるという法則があります。

 

一流の経営コンサルティング会社の社員は地味なスーツを着て、常に簡単で分かりやすい言葉しか発しませんが、詐欺師みたいな経営コンサルタントほど、見た目が派手で、相手を言いくるめるのに必死になり、カタカナや専門用語を連呼します。

 

一流は実力で勝負できるので、服装を派手にして目立つ必要がありません。シンプルな言葉で何でも説明できます。これが「一流の証」です。

 

服装が派手になったり、カタカナや専門用語を連呼したりするのは、自信の無さの現れであり、能力が低く、仕事が出来ないというコンプレックスの現れです。

 

そのことを頭の片隅に入れながら、付き合う人を選べば、あなたの人間関係に詐欺師みたいな人が紛れ込む可能性は激減します。是非、実践してみてください。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細